開店祝いのスタンド花持ち帰りOK地域があるなんて知らなかった!

花束

花のある生活

先日、新装オープンして1週間ほどした車屋さんに洗車をお願いしに行ったら、ズラーっと店舗前にスタンド花が並んでいました。

さすが天下のト○タさん、とか思いつつ、つらつら眺めていたら、帰りにおすそ分けでお花をいただきました。やった~!

貰いました

少しづつお花を入れ替えて、スタンドを長持ちさせているのかしら、とか思いましたが、その割にもらったお花はとても元気でびっくりしました。いや、そんなにヨレヨレのお花は人にあげないんでしょうが、それにしても元気(笑)

部屋が華やいでとてもありがたく、結構な量頂いたこともあり、あちこちに飾ってます。

自分的には、アロマの香り等だとちょっと香りが強くてなかなか手が出しづらいのですが、生花だと絶妙な香りが空間に漂い、とても癒されてます。

スタンド花っていくら?

ところで皆さま、スタンド花のお値段てご存知ですか。知っていてもさして日常生活に役立たない情報間違いなし(笑)ですが、大体平均15000円くらいからです。

以前ちょこっと、スタンド花を送ることがしばしばある生活を送っていた時に、ネットでかなり色々なお花屋さんを見て回り、安いところは1万円くらいからあるのですが、やはり1万円だと……ちょっと寂しいというか…しょぼいことが多いです(首都圏価格 and 個人の感想です)。

15000円くらい出すと、比較的色々なイメージに合わせてお花屋さんが作ってくださいます。もちろん、もともともお値段がお高めのお花屋さんは、それ相応のお値段出さないと難しいですが。

あとは、単価の高いお花(バラとかユリとか)を使ってください、と指定してしまうと当然お値段が上がるか、お値段据え置きでボリュームが下がるので、よほどのこだわりがない限りは花材指定はしない方が吉です。

そのためにも、スタンド花を送るにあたっては、お花屋さん選びが非常に大事だと思っています。

お花屋さんの過去の作品等を隅々まで舐めるように見た上で、自分のイメージと近しいかどうか、お値段がどれくらいでどんなお花になるのか、じっくり検討して依頼店舗を決めたら、あとは値段とボリュームと全体のイメージを伝えて、詳細はお花屋さんに丸投げです(笑)。

すると、大概イメージ通りかそれ以上のお花を目にすることが出来ると思います。個人的には素人があれこれ言うより、プロにお任せした方が、より良いものが出来ると思っています。

まあ、日常生活の中で、あまりスタンド花を送る機会と言うのは無いかもしれませんが、もしもそんな機会があった際に、ちょびっとでもお役に立てれば幸いです(笑)。

スタンド花の持ち帰りが習慣な地域がある!

さてさて、この記事のメインはスタンド花の発注方法ではなく、↑これです!

たまたまネットをうろうろしていた時にみつけた日比谷花壇さんの記事。日比谷花壇さんが言っているのだから、間違いないのだろうと思います。

開店祝いのスタンド花は持ち帰りOK?祝い花の持ち帰りマナー

[http://www.hibiyakadan.com/lifestyle/z_0020/]

こちらの記事を読むと、東日本では持ち帰りはほぼないけれど、中部と西日本の一部地域では、開店祝いのスタンド花は勝手に持ち帰っても構わないものなのだとか!

東日本で生まれ育ち移住している私は、初めて聞きました!カルチャーショック!(笑)

特に名古屋などでは、「祝い花が早くなくなることは店が繁盛している証拠」であると考えられているとか。

ある意味、無駄なくwin-winな感じもするので、ちょっといいかもしれないですね。むろん、きちんと「祝い花を持って帰るマナー」が守られてこそだとは思いますが。

さすがに、東京とかではなんだか難しそうな気がします。

とりあえず、名古屋に移住する予定もないので、私は今後も、今回のようにお店のご厚意で分けていただけるのを楽しみにしたいと思います(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする