ふるさと納税にチャレンジしてみた結果

うにいくら丼

この度初めて「ふるさと納税」にチャレンジしてみました!

「ふるさと納税」自体は大変な作業とかがあるわけでもないので(とはいえ、まだワンストップ申請書の郵送とかしていないのですが)簡単と言えば簡単なのですが、我が家は住宅ローン控除を受けているため、上限金額が変わるのかな~ということでそれを考えるのが面倒で、手を付けていませんでした。

今回ふるさと納税やってみた パート1ということで、現状をメモしておこうと思います。答え合わせは来年の住民税のお知らせが来たらします(笑)

ふるさと納税とは何ぞや

きちんとした説明は、総務省のサイトやふるさと納税サイトにお任せして、それらを読んだ私の、ざっくりした「ふるさと納税」とはこんなもの↓。

  1. 「寄付」してその地域を応援する
  2. 「寄付」のお礼品が送られる地域もある(ない地域もある)
  3. 確定申告をすると、所得税の還付と住民税からの控除がある
  4. ワンストップ特例制度を利用すると、住民税から控除される
  5. 控除される額の上限は、その人の課税所得による

メリットを一言でいうと「2000円で色々な特産品をもらおう!(そしてその地域を応援しよう)」

とてもざっくり(笑)

お礼品がマストではないのは、ちょっと知らなかったです。試しに、完全なる私の偏見で、税金がしっかり入ってきてそうな浦安市を検索してみたら、お礼品なかった(笑)やっぱりちゃんと税収があるのでしょうかね。さすが!(笑)

メリットは、本来「地域を応援できる」の方が優先なんでしょうが、お礼品が豪華な地域が多いこともあって、「2000円で特産品!」が前面に出ている気がしますね(笑)そのメリットを活かすためにも、結果的な支払金額を「2000円」からはみ出さないようにするのがとても大事なことかと思います。

ふるさと納税の上限額を計算する

一般的なサラリーマンで、住宅ローン控除とか医療費控除とかが無ければ、総務省をはじめ、あちこちに載っている「全額控除されるふるさと納税額の目安」等を見れば間違いないかと思いますが、我が家は、たんまり残っている住宅ローンを控除してもらっているため、目安からはちょっとずれます。

そこで、ふるさと納税をするにあたって、1から計算してみました。

年末調整

ふるさと納税をしようと思ったのが2016年12月初旬。まだ会社から源泉徴収票は出ておりません。というか、目下年末調整の真っ最中でございます。

年収を計算するついでに、自分で年末調整して所得税額も出してみることにします。

  • 2016年1月~12月の収入を合計
  • 12月の給料を推測して↑にプラス

いわゆる年収ですね。これさえわかれば、ふるさと納税の上限額は大体出せるかな。12月を11月と同じ金額と仮定して、大体400万位でした。

660万円以下なので、『平成28年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表(国税庁:年末調整がよくわかるページ)』から所得控除後の給与等の金額を出します。

  • 年収400万円~400万3999円→266万円

次に控除の計算をします。

  1. 基礎控除:38万円(配偶者特別控除にも入れない程度に働いていたので、人的控除はこれのみ)
  2. 社会保険料控除:12月分は11月分と同額にして、全部合計して59万円
  3. 生命保険控除:新契約 一般11万、新契約 介護3万5000円→4万円+2万7500円=6万7500円

合計 103万7500円

最初に出した「給与所得控除後の給与等の金額」から控除額を引いて、課税給与所得金額を出します。

  • 266万円-103万7500円=162万2500円

課税給与所得金額が195万円以下なので、5%を掛けて算出所得税額を出します。

  • 算出所得税額:81125円

我が家の住宅ローンはまだまだたんまり残っているので、今年の所得税は全て控除されます。

  • 81125円ー34万円=-25万8875円

ちなみに還付金額は9万円ちょっと。これはローン返済に充てる予定なので、パーッと使ってしまわないよう、入金されたらすぐ分けておかなくては。

2017年の住民税の計算

住民税の控除の計算をします。人的控除の他、生命保険料の控除も計算がちょっと違うのはややこしいですね…。

  • 基礎控除:33万円
  • 社会保険料控除:59万円
  • 生命保険料控除:新一般 28000円、新介護 22750円→50750円

合計 97万750円

  • 266万ー97万750円=168万9250円

100円未満は切り捨てなので、住民税の課税所得は168万9200円となりました。

我が家の居住地域では、市民税の所得割は6%で均等割が3500円、県民税は4.025%で1800円です。

  • 市民税:168万9200円×0.06=10万1352円+3500円
  • 県民税:168万9200円×0.04025=67990円+1800円

あえて所得割と均等割を分けたまま、住民税の控除を計算します。

課税金額が200万円以下なので、基礎控除5万円の3%(1500円)が市民税から、2%(1000円)が県民税から控除されます。

更に、住宅ローン控除がまだ余っているので、こちらも控除されます。残念ながら25万以上も残っているので全部は控除されません。

住民税から控除される住宅ローン控除は、所得税に係る課税所得の7%(上限13万5千円)です。

  • 162万2500円×0.07=113575円

これが3:2で、市民税と県民税から控除になります。市民税から68100円、県民税から45400円控除です。

ふるさと納税上限額

今回はワンストップ特例での控除となるので、全て住民税からの控除になります。

  1. 基本の控除:(寄付金合計額-2000円)×10%
  2. 特例控除:(寄付金合計額-2000円)×84.895%(我が家は課税所得額が168万円なのでこの割合)
  3. 申告特例控除:2.特例控除額×84.895分の5.105

特例控除は住民税所得割額の20%まで、というしばりがあるので、その金額をまず出します。

↑の「住民税所得割額」は調整控除後の金額だとのことなので、市民税・県民税から控除します。

  • 市民税:101300-1500=99800円
  • 県民税:67900-1000=66900円
  • 合計:166700円

166700円の20%は33300円。ということは、特例控除が33000円がふるさと納税の上限額という事なので、特例控除を求めてみます。

  • 特例控除:(寄付額-2000円)×84.895%=33000円
  • 寄付額=40800円

という事で、寄付額の上限は40000円、かな。実際に40000円寄付した時の控除額を出してみます。

  1. 基本の控除:(40000円-2000円)×10%=3800円
  2. 特例控除:(40000円-2000円)×84.895%≒32300円
  3. 申告特例控除:2. 32300円×84.895分の5.105≒1900円

おお、38000円の控除になりますね。

今回は、上限いっぱいまで寄付して間違っていたらどうしよう~とか思ったので、ちょっと少な目32000円で寄付したので、実際は以下の控除額になります。

  1. 基本の控除:(32000円-2000円)×10%=3000円
  2. 特例控除:(32000円-2000円)×84.895%≒25500円
  3. 申告特例控除:2. 25500円×84.895分の5.105≒1500円

来年の住民税の予想

今年の所得税は0円(住宅ローン控除で全て控除されるため)

来年度の住民税:28500円

市民税…10万1300円(所得割)+3500円(均等割)-1500円(調整控除)-68100円(住宅ローン控除)-18000(ふるさと納税)=17200円

県民税…67900円(所得割)+1800円(均等割)-1000円(調整控除)-45400円(住宅ローン控除)-12000(ふるさと納税)=11300円

ふるさと納税楽しい!って言えるように頑張ります

長々と計算をしている間に、ふるさと納税した市からワンストップ特例の申請書が送られてきたりして、おお素早い!と感心しております(笑)

実際にふるさと納税した32000円分のお礼品は届いたら、改めて記事にしたいと思います。そして、何よりも、来年初夏の住民税の通知の時には必ず…!(笑)

今年の分の答え合わせがあっていれば、来年はしっかり上限まで寄付してお礼品をゲットして、楽しい!って言おうと思います(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする