格安SIMってどこがいいのか調べてみた

電話

家計のダイエット中

現在家に居させてもらっているため、出費を減らそうと、着々と家計のダイエットに励んでおります。

先日やっと医療保険等の新規契約が終わり、年間10万強のダイエットとなりました。その前には、自動車保険もダイエットして、大きい支出はかなり見直しました。

残るは、インターネット代金と携帯料金だ、ということでまずは携帯の方に手を付けることとしました。

我が家は、私がソフトバンク、夫がauで契約しております。特にこだわりは無いのですが、なんとなくばらばらのまま来てしまっております(笑)。料金としては、少しauの方がお安い感じ。ですが、本当「気持ち」程度なので、今から大手キャリアに乗換…と言うのは考えていません。

最近はCMでもがんがん流れるようになった、格安SIMへの乗り換えを考えています。

格安SIMとはなんぞや

格安SIMその昔、まだSIMフリーと言う言葉すらメジャーでなかった時、とある方の講演会的なものに行った時に、海外で携帯を安く使う方法ということで、持っている携帯のSIM解除をしてもらって、現地のSIMを買ってさしてつかうのが一番!という話を聞いたことがありました。

なので、世間に格安SIMが出回ったり、「SIMフリー携帯」という言葉に対しては、なんとな~くイメージはついていたのですが、出始めのころに手を出せるほどその関係に精通しているわけでもなかったので、すごく安くなるのかな~と思いつつソフトバンクを継続しておりました。

しかし、ここの所かなり格安SIMたちも世の中に浸透してきて、お金をかけてCMを打てるくらいなのだから、事業としても安定してきたに違いないということで、ちょっと気合を入れて調べてみることにしました。

ざっくり調べたざっくりした感想としては、格安SIMとは大手3キャリアの通信料金が高すぎるから、もうちょっと安くしないとね~とのお上からのお達しで、3キャリアの回線をよそに貸し出しできるようにした。それを借りた事業者は、元手がさほどかかってない分、大手より安く契約できる回線。

フレッツ光と光コラボの関係と同様という事でしょうかね。こちらも早々に方を付けねばならないのですが、それはまた別話題なのでまた今度。

格安SIMの心配な所といえば速度

上記のような解釈であっているとすれば、格安SIMでの心配点は「通信速度」であったり、「通信の安定性」かと思います。

10年前は安定性もなんもなかったし、通信速度も遅かったわ~…で納得出来れば何の問題もないのでしょうが、人間とは慣れる生き物で、今更10年前の通信環境には戻れません(笑)。

では、最低限どんな時にどれだけの通信環境が整備されていればいいのか考えてみました。

自宅・実家はwifiがあるので関係なし。問題は、電車での移動時間や、旅行に行った際にはかなりの勢いで使うので、そこできちんと使えるか。特に地図がさくさく見られるかどうかは生命線です。

そこで、Googlemapを快適に使うには、どれだけの環境が必要なのかググってみた所、500kbpsとのこと。ほうほう。500kbpsとはどれくらいなのかな??

比較で、サイト閲覧はどれくらい必要なのか見てみたら、こちらは2Mbps。おお、地図よりこちらの方が速度が必要なのね。

ところで、現在の自分のスマホはどれだけの速度なのよ、ということでスピードテストをしてみました。

speedtest

おお…これは、確かに動画とかもサクサク見られるわけですよね。動画にどれだけの速度が必要なのかよくわからないけど(笑)。とりあえず、さすがは大手キャリア!いや、これで速度遅かったら目も当てられないくらいいっぱいお金払ってるんですけどね。

現状がわかったので、次にググるといっぱい出てくる、MVNOの速度比較をのぞいてみました。お昼の時間帯が通信速度が遅くなるんですね。昼休みだからかしら。

お昼の速度だと、0.5を切る事業者が大半、という印象を受けました。mapはぎりぎり快適かもしれないけど、お昼休みはmapよりネットサーフィンよね、と思うとちょっと心もとないですね。

数個の比較サイトの中で、比較的速度が速い事業者として目についたのは、UQ mobileLineモバイルmineoY!mobile楽天モバイルあたりでしょうか。

この辺りだと、一番遅い時間帯でも、まあネット見る程度なら問題ないのかな、という感じなので、一応この辺りを候補として考えていきたいと思います。

格安SIMでiPhoneを使う

さて、現在私はiPhone使いです。iPhoneの何が良いって、機種変更した時に、バックアップさえ取っておけば、さしたる労力なく今までの機械と同じように使えるところだと思っています。

ということで、格安SIMでもできればiPhoneを使いたい。

ちなみに現在のiPhoneは6なのでソフトバンク公式ではSIMロック解除してもらえないことと、2年使ってきてバッテリーのもちが悪くなってきたので、新しく買うならその方がいいかな~と思っています。

今は、SIMフリーのiPhoneが発売されていますので、そちらを購入してもいいのですが、一括で7万円とか出したくない気分…。

なので、端末セットの中に、iPhoneがある事業者と契約したい!

速度で候補に挙げた5つの会社。その中でiPhoneセットがあるのは、UQ-mobileとY!mobileのみ。一気に選びやすくなりました(笑)。

私にとってのUQ-mobile vs Y!mobile

UQ-mobileでiPhoneセットにした場合

iPhone、16GB。

初期手数料が3348円。1年目が2138円+通話料金(5分を超えたら30秒ごと20円)で、2年目が3121円+通話料金(5分を超えたら30秒ごと20円)。

UQ

1年目と2年目で金額が変わるので、平均すると2760円ほど。週に1回10分電話してしまったとすると、2年でプラス20700円ほど。基本、そんなに電話はしないのでいっても3240円平均位で済みそうな気がします。

Y!mobileでiPhoneセットにした場合

iPhone、32GB。

初期手数料が3348円。1年目が2678円+通話料金(10分を超えたら30秒ごと20円)で、2年目が3121円+通話料金(10分を超えたら30秒ごと20円)。

Y

ソフトバンクユーザーなので、UQ mobileより、540円高くなります。ただし、Y!mobileは家族割(-540円)があるので、夫もY!mobileに乗換なら価格差は相殺で、無料通話が1回10分の長さ&iPhoneが32GB&回線共有なので、比較的通信に関する心配がないというメリットあり。

正直、16GBはちょっと少ないかな~と思うので、Y!mobileの方がいいかな。決してソフトバンクが好きなわけではないんですけどね(笑)。

夫にこだわりが無ければY!mobileになりそう

結果。家族割が使えるならばY!mobileにてiPhone5s(32GB)へ乗り換えがベストっぽいです。

私の更新月が5月で、夫はおそらく8月なので、1500円位はUQよりもお支払いしますが、まあそれくらいなら全然ありです。

近所にY!mobileの店舗もあるので、一回のぞいてみようと思います。

2人ともY!mobileに乗り換えた場合、初期手数料が3456円(新規契約時に家族割申し込めば事務手数料3000円が無料)、1年目2138円(25656円)×2人分、2年目3121円(37452円)×2人分で、およそ13万円。1人あたり月々では2700円ちょっととなるので、10分以上の電話があったとしても、おそらく3000円位で済みそうな計算。

今まで、2人で月々17000円位だったので、月1万円以上の削減!になるはず!

……なんというか、日々ちょっとずつの節約より、こういったところを見直すって、大事なんですね……。

更新月を心待ちにして毎日を過ごそうと思います(笑)。

無事乗り換えて、削減具合が分かったら、また記事にしてみたいと思います。良いところとか、ダメだったところとか。(ダメな所はできればない方が良いんですけどね/笑)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする