薩摩川内市へのふるさと納税(うなぎ)

うなぎ

昨年末、初のふるさと納税にチャレンジして、年内中に2件の納税お礼の品が届きました。

本日は今回一番高額寄附をした、薩摩川内市のお礼の品について書いておこうと思います。

楽天市場のふるさと納税

今回我が家では、楽天スーパーセール時期に、ふるさと納税でポイント10倍!という文言につられて、楽天市場のふるさと納税を利用しました。

何しろ、ポイント10倍ということは、2万円寄付したら、ポイントで2千円分戻ってくるので、実質負担の2千円も0円になるわけではないですか。これは初心者にはもってこいなタイミング、ということで、32000円分の寄附をしました。

内訳は、

  1. 薩摩川内市:特大うなぎ2尾セット 12000円
  2. 焼津市:うにいくら明太子セット 10000円
  3. 都農町:宮﨑和牛・宮崎県産豚 焼肉セット 10000円

です。年末は駆け込み納税が多いらしいから、さすがに年内にはお礼の品はこないかな~と思っておりましたが、薩摩川内市のうなぎちゃんは、12月7日に注文して、10日程度で到着しました!早い!

素早い薩摩川内市

書類に関してはもっと早く、水曜日に注文したら、月曜日にはワンストップ申請等の書類が届いていました。

そして、ワンストップの申請書に関しても、投函してから1週間で受付書が到着して、非常にスムーズな印象を受けました。12月のふるさと納税では、とてもありがたいスムーズさでした。

ありがとう!薩摩川内市の企画制作部の皆様!!

そんな素早くきたうなぎは、年末の御馳走として、早速いただこうと思い、美味しくいただく為の調理法を検索しました。

ちなみに頼んだのはこちらのうなぎ。その名も薩摩川内うなぎ株式会社さんが作っているようです。(http://www.satsumasendaiunagi.jp/14/29/

うなぎ実食

014f8e731bf74d50b797763f2f3729a31cf9b4178e

クックパッドで、冷凍うなぎの温め方を検索したところ、「冷凍の鰻の温め方・ふっくら出来ます♬」というのを発見しました。

レシピの写真のうなぎのたれと、届いたうなぎ付属のうなぎのたれが同じ物だったので、これは、レシピ通りにやればおいしくなるんじゃないか?と思い、その通りに温めてみることにしました。

うなぎを取り出し水で洗い、レシピでは3分割でしたが、フライパンと丼ぶりの大きさを鑑みて、4分割してからフライパン用ホイルを敷いたフライパンに並べます。

そして、水大さじ1弱、酒大さじ1弱を振りかけて蓋をして加熱スタート。弱火で8分ほど温めたら、炊き立てのご飯の上にのっけて付属のたれと山椒をかけていただきます。

このうなぎ、「特大」の名前に恥じない大きさで、2人でうな丼にするには1尾で十二分な量でした。それだけ大きなうなぎだったせいか、最初にたれを洗い流したためか、もう少したれがあってもいいかな~と思いました。

だがしかし、まあそんな些少な事どうでもいいよね、と思うくらいふっくら肉厚のおいしいウナギでした!夫と2人、無言でもくもくといただきました。

我が家は美味しいものを食べているときは基本的に会話はありません。お互い食べることに集中(笑)本当おいしくて、量もあって、おすすめお礼品です。

まだ、もう1尾は冷凍庫に眠っているので、冬の土用の丑の日(2017年1月26日)にでも食べようかと思っています。

その時には、少したれを自作しておいて、心置きなくかけられるようにもしておこうかと(笑)

ネットでお勉強した自作うなぎのたれレシピ

みりん30cc、酒10ccを鍋に入れ火にかけ沸騰させたところに、砂糖20gを入れ溶けたら、醤油35ccを入れて沸騰させたら、ごく弱火にして数分煮詰める。

ふるさと納税って素敵!

もともと支払わなくてはいけない税金を払って、実質負担も0円(ポイントバックの為)で、こんなに美味しいウナギを食べられて、とても幸せです!

楽天市場のふるさと納税は、他のサイトに比べれば種類が少なかったりはするのかな、と思いましたが、欲しいものがあればめちゃめちゃお得にふるさと納税できると思いました。何しろ、今回はポイント10倍の恩恵もあり、実質2000円の負担金を0にするどころか、1200円の節税にも繋がりましたし。

素敵なお礼の品を用意して下さった薩摩川内市に幸あれ!!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする